小規模多機能について

    小規模多機能型居宅介護はどんなところですか?

    介護が必要になっても、住み慣れた家や地域で安心して生活ができるように、「通い」を中心に「泊まり」や「訪問」のサービスを組み合わせて、自宅で継続して生活するために必要な支援を致します。

    小規模多機能型居宅介護のメリットは何ですか?

    「通い」「泊まり」「訪問」のサービスを一つの事業所で利用できるので、いつも顔なじみの職員がケアを行います。少人数の登録制なので、他の利用者様や職員ともなじみの関係を作りやすく、家庭的な雰囲気の中でお過ごしいただけます。 柔軟に「泊まり」の利用が可能ですので、緊急時や今は「泊まり」サービスを必要としていない方でも、将来的に安心です。また、「通い」サービスは、デイサービスなどに比べ、通う時間も本人の生活スタイルに合わせて、柔軟に対応できます。基本的にデイサービスや訪問介護ではできない「通院介助」の対応も小規模多機能居宅介護では可能です。施設のある市町村と同一市町村内にある医療機関に受診される場合は、送迎に係る交通費もかかりません。 利用料金が月額定額制(食事代・宿泊代は別途かかります)のため、利用者様にとって安心してご利用いただけます。

    小規模多機能型居宅介護に登録しても、他のデイサービスなどを利用できますか?

    利用できません。デイサービスだけでなく、他の訪問介護(ヘルパー)やショートステイなどもご利用になれません。併用できるサービスは、訪問看護、訪問リハビリ、福祉用具貸与、住宅改修、居宅療養管理指導などです。ケアマネジャーについても、小規模多機能型居宅介護のケアマネジャーに引き継ぐこととなります。

    「泊まり」サービスなどの利用に制限はありますか?

    特に制限はございませんが、利用者様の様態に応じて、小規模多機能型居宅介護のケアマネジャーが作成したケアプランに沿ってご利用していただきます。その方に必要なサービスを必要なだけ提供できるプランを、ご本人やご家族と共に決めていきます。 ほぼ毎日宿泊することも可能ですが、あくまでもご自宅で継続して生活するために必要な支援が前提となりますので、「ずっと泊まっていられる」ということではありません。

    誰でも登録できますか?

    在宅生活をしている方で、要支援または要介護1~5の認定を受けている方が利用できます。小規模多機能型居宅介護では、登録人数や「通い」サービスの1日の定員数が決まっていますので、各事業所にお問い合わせください。 また、小規模多機能型居宅介護は、「地域密着型サービス」に位置付けられているため、基本的には施設のある市町村にお住まいの方でないと登録することができません。