リハビリテーションセンター

リハビリテーションとは

リハビリテーションは”機能回復”というイメージが強くあると思いますが、それだけではなく一人一人が”その人らしく生きていけるような手助けをする”ことも含まれています。当院では、後者をより大切にし、患者様の声に対して耳を傾け無理なくリハビリテーションを行っています。なるべく、患者様の今ある能力を最大限に活かしてより良い生活を送れるように手助けをすることもリハビリテーションの1つです。早期からのリハビリ介入により、寝たきりを予防・廃用の進行を防ぐとともに早く在宅復帰できるようにサポートしていきます。

コンセプトについて

医療法人パテラ会 月夜野病院 みんなの輪・こころの和

地域の皆様との調和、繋がりを大切にしたいという思いから「患者様・ご家族との輪」・「患者様・ご家族に寄り添い話しやすい和やかな環境作り」をしていきたいと考えています。また、患者様の情報をスタッフ間で共有すること(チーム医療の輪)でより良いサービスが提供でき、可能性を無限大に広げられるお手伝いができるのではないかと考えています。

職種紹介について

医療法人パテラ会 月夜野病院 理学療法士

理学療法士

理学療法士(PT)は、転倒に伴う骨折、関節の慢性疾患などの整形外科疾患や、脳卒中などの脳血管疾患により後遺症を来した方に対し、起き上がる、立ち上がる、歩くといった日常生活の中で必要とする基本的な動作を指導・訓練しています。疾患によっては手術の適用となる方もいますが術後より積極的にリハビリに取り組み、物理療法等を併用しながら1日でも早く退院、自立した生活が営めるように支援します。

医療法人パテラ会 月夜野病院 作業療法士

作業療法士

作業療法士(OT)は、主に上肢の骨折や関節の痛みがある方、また脳卒中などの脳血管疾患で後遺症を来した方に対して援助を行っています。日常生活の必要な多くの作業活動を通して、麻痺や身体機能の回復、その人らしい活き活きしとした生活が送れるように援助します。食事動作やトイレ動作、家事動作など実際の生活場面を想定した指導・訓練も行っています。

医療法人パテラ会 月夜野病院 言語聴覚士

言語聴覚士

話す・聞く・食べるといった誰でも何気なく行っていることが、脳血管疾患、神経変性疾患に伴う後遺症として出来なくなってしまうことがあります。言語聴覚士(ST)は言語障害・聴覚障害・音声障害といったコミュニケーション障害や摂食嚥下障害に対して適切な指導・訓練、その他の補助を行っています。

疾患別リハビリテーション

  1. 運動器リハビリテーション Ⅰ
  2. 脳血管リハビリテーション Ⅰ
  3. 呼吸器リハビリテーション Ⅰ
  4. 廃用性症候群リハビリテーション
  5. 摂食機能療法
  6. 集団コミュニケーション療法