検査内容

経鼻内視鏡検査

胃や食道の病気は、早期に発見できればほとんど完治させることができますが、そのためには定期的な医療施設での受診が欠かせません。月夜野病院では、今話題になっている鼻から入れる胃の内視鏡検査「経鼻内視鏡検査」を取り入れており、従来の口から入れる胃の内視鏡検査より、「つらくない」と多くの方々から喜ばれており、経験された方のうち9割以上が「次回も鼻から」の検査を希望されています。

口から入れる胃の内視鏡検査

口から入れる胃の内視鏡検査の場合、
嘔吐感(オエッ)が多く大変です。

※舌の付け根に触れると嘔吐感が起きます。

鼻から入れる胃の内視鏡検査

鼻から入れる胃の内視鏡検査の場合、
嘔吐感(オエッ)が少なく楽々。

※スコープが舌の付け根に触れません。

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

大腸がんの予防と早期治療のために当院の大腸内視鏡検査をオススメいたします。

大腸内視鏡検査とは、肛門から内視鏡(先端に高性能カメラがついた細く柔らかいチューブ)を挿入して大腸全体を観察する検査です。 大腸内視鏡では、大腸(結腸と直腸)疾患の検査・診断のみでなく内視鏡での治療も行います。便潜血陽性の際の大腸の検査、大腸ポリープの経過観察、炎症性腸疾患の内視鏡による診断の他、治療としては主として大腸ポリープの切除を行います。

センター紹介

月夜野病院では、内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)をより多くの方にご利用していただく
ために、内視鏡センターを開設しました。内視鏡センターは次の特色があります。

検査の流れ

胃内視鏡検査の場合

日本人の胃がんの年間罹患率は男女ともに高く、早期発見がとても大切です。胃がんの早期発見にとても有用な胃内視鏡(胃カメラ)は、鼻または口から挿入して、胃の中を観察します。鼻から挿入する経鼻内視鏡検査は一般的に口からに比べて苦しみが少ないと好評です。月夜野病院でも経鼻内視鏡を実施しています。

検査前日

夕食は消化の良いものをとってください。夜9時以降は何も食べないでください。

検査当日

朝食は絶対にとらないでください。薬は心臓の薬や血圧の薬は飲んでいただきますが、その他の薬は服用しないでください。

来院

保険証をお持ちください。受付をして、内視鏡センターでお待ちいただき、検査の準備が整いましたらご案内します。

大腸内視鏡検査の場合

先端に高性能カメラがついた細くて柔らかいチューブを肛門から挿入し、大腸全体を観察する検査です。大腸ガンの早期発見にとても有用な検査です。

検査説明

検査前日までに来院していただき、検査のご説明と検査食をお渡しします。

検査前日

お渡しした検査食(昼・夕)をとっていただき、検査食以外は何も摂取せず、夜9時以降は何も食べないでください。寝る前に下剤を飲んでいただきます。

検査当日

朝食は絶対にとらないでください。薬は心臓の薬や血圧の薬は飲んでいただきますが、その他の薬は服用しないでください(詳しくは検査説明の時にご説明します)。

来院

保険証をお持ちください。受付をして、内視鏡センターで前処置(下剤を飲んでいただき、腸をきれいにします)をしていただきます。検査の準備が整いましたらご案内します。

よくある質問

患者様からのよくある質問を分かりやすくまとめました。下記の項目以外でご不明な点や
ご意見などがございましたら、お気軽に当院窓口までお尋ねください。

予約が必要ですか?

スムーズに検査を受けて頂くために、予約制になっています。電話またはホームページから予約できます。

いつも飲んでいる薬は飲んでよいですか?

前日の寝る前に飲む薬は飲んでください。当日の朝は、血圧の薬や心臓の薬は飲んでください。その他の薬についてはお問合せください。

費用はどれ位かかりますか?

人間ドックで実施する場合と病気で健康保険が適用となる場合で費用が異なります。人間ドックの場合はこちらをご参照ください。詳しくは月夜野病院の医事課へご相談ください。

どれ位時間がかかりますか?

検査内容によって異なりますが、前処置を含めて5〜6時間以上掛かる場合がございますので、予定に余裕を持ってご来院ください。

病院間の送迎はありますか?

はい、主に利根沼田間であれば送迎を行っております。それ以外でも場合によっては承っておりますので、当院窓口までご相談ください。

お問い合わせ

月夜野病院では、一般の方の健康診断・人間ドックもちろんのこと、企業や団体の方など事業主様向けの健康診断・人間ドックも行っております。まずは下記のお問い合わせフォームもしくはお電話にてお問い合わせください。

〒379-1308 群馬県利根郡みなかみ町真庭316