痔・そけいヘルニア(脱腸)

痔瘻(あな痔)について

痔瘻(あな痔)

医療法人パテラ会 月夜野病院 痔瘻(あな痔)について
【状態】

歯状線にあるくぼみに大腸菌などが感染すると、炎症が起こり、化膿して膿がたまります。この段階では、まだ肛門周囲膿瘍。この症状が繰り返されることによって、細菌の入り口と膿が皮膚を破って流れ出る部分まで、1本のトンネルのように貫通します。これが痔瘻です。

【原因】

下痢やストレスによる免疫力の低下など。肛門括約筋の強い男性にやや多い傾向があります。

【症状】

肛門の周囲の皮膚が腫れて痛みを伴い、ときには熱が出ることもあります。痔瘻まで進むと、膿が出て下着などが汚れます。痔瘻の治療は手術になります。

前に戻る