痔・そけいヘルニア(脱腸)

痔核(いぼ痔)について

内痔核

医療法人パテラ会 月夜野病院 痔核(いぼ痔)について
【状態】

痔核は、直腸の下や肛門にある静脈を含めて肛門を閉じる役割をするクッション部分がうっ血して膨らんだものです。この痔核が歯状線より内側にできたものを内痔核といいます。

【原因】

痔核は、痔の中で一番多く見られます。便秘やトイレ時間が長くて排便時のいきみが強い、長時間同じ姿勢をとる、妊娠や出産がきっかけで起こりやすくなります。

【症状】

痛みはほとんどなく、排便時に出血したり、肛門から脱出して気がつくケースが多いようです。肛門から脱出した時には、肛門から飛び出してくる感じや異物感があります。

【進行すると...】

脱出しても排便が終われば戻る状態から進行すると、常に痔核が脱出して指で押さなければ戻らなくなります。最終的には指で押しても戻らなくなります。

外痔核

医療法人パテラ会 月夜野病院 痔核(いぼ痔)について
【状態】

肛門の歯状線より外側にできたものを外痔核といいます。肛門の外側に血まめができた状態で、血栓外痔核といいます。

【原因】

便秘や下痢、アルコールや辛いものの摂り過ぎ、長時間歩き回ることや座りっぱなしのことが多い、冷え、ストレスなどがきっかけで起こりやすくなります。

【症状】

腫れて激しく痛むことが多いのですが、出血は少ないです。

前に戻る