摂食・嚥下外来

摂食嚥下障害とは

摂食嚥下障害(食べる機能、飲み込む機能に障害があること)が疑われる方に対して、専門的に嚥下造影検査を行い、個々の症状に応じた食事方法や訓練方法などについての専門スタッフが指導を行っています。 ご入院中の方以外にも、ご自宅や施設などにいらっしゃる方の外来での診察も受け付けています。なお、その際には看護師やケアスタッフの方と同伴して頂けると、食事方法や訓練方法などをより明確にお伝えできますので、是非ご検討ください。

対象の方

摂食・嚥下外来では 嚥下障害の方(可能性のある方) すべてを対象に検査、治療を行っています。嚥下障害でよく見られる症状には次のようなものなどがあります。

  • 食べるのが遅くなった
  • 食べこぼす
  • 口の中に食べ物が残る
  • のどの奥に食べ物が残る
  • 食事中にむせる
  • 咳が出る
  • 痰が多い
  • のどがゴロゴロ鳴る
  • 食べ物がつかえる
  • 食べ物や胃液が逆流する

検査について

医療法人パテラ会 月夜野病院 摂食嚥下の検査について

当院では、レントゲンを使った「嚥下造影検査」や、のどの動きを内側から見る「嚥下内視鏡検査」を実施し、嚥下障害の的確な診断を行います。また、言語聴覚士によるリハビリテーション指導や、食形態・姿勢のアドバイス、家族指導などを実施します。リハビリテーション科専門医でもある担当医とともに、リハビリテーションや生活全般について、どのようなことができるか考えていきましょう。